cocoloni
ギャル霊媒師◆飯塚唯
飯塚唯の霊視タロット「月」カード正逆の意味や、読み解き方をご紹介!

飯塚唯の霊視タロット「月」カード正逆の意味や、読み解き方をご紹介!

飯塚唯の霊視タロット「月」カードの意味・相手の気持ちやアドバイスとしての解釈をご紹介します。
目次
AD1
 

「月」の意味は?

うつろいゆく月の光のように、あいまいで不確かな状況を象徴する「月」のカード

「月」正位置の意味

月の正位置には、ザワザワとした胸騒ぎや不安定な状況といった意味があります。

幻想の中にいるかのように、すべてがあいまい。不安を感じやすい状態なので、物事を悪いほうに解釈してしまうかもしれません。また、月の光に惑わされて、幻を現実だと思い込んでしまうことも。

「月」逆位置の意味

月の逆位置には、あいまいな状況が明らかになっていくという意味があります。

すぐに幻想から自由になれるわけじゃありません。けれど、徐々に明るい光が差しますから真実が浮かび上がっていくのです。また、不安がおさまり、冷静に考えられる状態を示しているでしょう。

 

「月」現在の状態を読み解く

月のカードが示す現在の状態は、モヤモヤとした不安を抱えた状態。なにかと物事を深刻にとらえやすい気分なのかもしれません。このカードが出たときは、心が揺らぎやすいタイミングなんです。

たとえば、根拠のない噂に惑わされたり、将来のことを考えて胸がザワザワしてしまったりすることもありそう。けれど、不安定な状態がずっと続くわけではありません。一時的なものであることが分かれば、心の迷いや不安は消えていくでしょう。

 

「月」相手の気持ちを読み解く

月のカードが示す相手の気持ちは、不安定でうつろいやすいでしょう。その時々によって態度がコロコロ変わったり、言っていることが矛盾したりするので、周囲を困らせてしまうこともありそうです。

このカードが出ているときの相手は、不安と不信感でいっぱい。何かにおびえていたり、心配事に悩まされていたりするときなのかもしれません。けれど、うつろいやすい気分のままでいることはないでしょう。そのうちに、気分が晴れて、不安から解放されるタイミングが訪れるはずです。

 

「月」アドバイスとしての解釈

その時々によって形を変える月のカードは、幻惑されてはいけないことを告げています。このカードが出たときは、不安に惑わされないことがアドバイスになるでしょう。

気持ちが揺らいでいると、真実を見極めることができません。ですから、規則正しい生活を送り、しっかりと休んでください。睡眠が足りない状態だと、理性的な判断が難しくなってしまうからです。また、悩みを抱え込まずに信頼できる人に相談しましょう。話を聞いてもらうことで安心感を取り戻すことができますよ。

AD2

関連キーワード

ギャル霊媒師 飯塚唯(27) タロット(23) タロット占い(23) 現在の状況(22) 相手の気持ち(22) アドバイス(22)

関連記事

人気記事

最新記事

カテゴリー

タグ

#タロット占い #現在の状況 #相手の気持ち #アドバイス #オーラ占い #レッド #ゴールド #グリーン #オレンジ #ピンク #ブルー #ライトブルー #バイオレット #ホワイト #シルバー #イエロー #ブラック
ギャル霊媒師◆飯塚唯TOPへ